2018年俺の1位。金婚旅行は仰せのままに。

f0056038_00004142.jpg
昨日は、へべれけになってベスト10を書いていたので、正直な、こころのままの順位になっていたのです。
そんな1位がこの作品。何の予備知識もなく、ヘレン・ミレンとドナルド・サザーランドが共演しているというのでみてみました。
同じ日にシェイプオブウォーターもみたのだが、印象が飛んでしまった。ロンバケが心に残りすぎて。
しかし、どうにかならんかったのかこの邦題。俺なりのタイトルが「金婚旅行は仰せのままに」。
末期癌の奥さんと認知症の旦那。旦那は元文学教授。体は丈夫。運転の腕も確か。末期癌の奥さんこころは若い。
その気持ちは若い奥さん、旦那にキャンピングカー運転させて、旦那の行きたがってたヘミングウェイの家へ旅をすることに。突然に。
心配して右往左往する娘と息子。
トラブルも楽しんでしまう余裕のある老夫婦。
しかし、旦那の認知症は記憶の中の傷を蘇らせるのだった。
旦那が認知症でも体が丈夫で、奥さんが気丈でも末期癌という取り合わせが秀逸。
長年文学を語り、研究してきた旦那が認知症となり、頭はっきりとしてる時もあればボケボケの時も。
本人には全く悪気がないのが切ない。
旅の中であらゆる事が起こり、観客もまた旅をしたような感覚に。
ロードムービーの醍醐味。
しかし、ラストはかなり、苦い後味となる。
それがまたいい。

HP
http://gaga.ne.jp/longlongvacation/

by higeSSk | 2019-01-05 00:43 | 映画